コラム
アムウェイについて

アムウェイ転売のリスクを理解しよう!不要なトラブルから身を守る

アムウェイ転売のリスクを理解しよう!不要なトラブルから身を守る

アムウェイ製品の転売にまつわる法的リスクやガイドラインを正しく理解していますか?この記事をお読みいただくと、法的定義や退会処分の対象、転売と買取りの違いなどが明確になり、アムウェイ製品転売のリスクを正しく管理できる知識を手に入れられます。正確な理解はアップ会員とのトラブルを避けるためにも大切なもの。ぜひ最後までお読みいただき、ビジネス活動の参考にしてきただければ幸いです。

目次

アムウェイ製品転売の法的側面を解説【違法にはなりにくい】

アムウェイ製品転売の法的側面を解説【違法にはなりにくい】

転売行為は一般的には違法だと考えられがちですが、実際にはアムウェイ製品の転売が法的に問題視されることはほとんどありません。転売そのものは法的な規制の対象外であり、合法な行為と見なされることを示しています。

転売とは自分が購入した製品を販売する行為であり、商売の基本的な在り方です。もし転売を違法とするならば、小売業や卸売業全体が違法だと定義されてしまいます。また「使っていたものが不要になったから売りに出す」という行為も転売に該当しますが、法的な問題にはなりません。

一方で「正規ルート以外から安く仕入れて高く売る行為」や「人気製品を買い占めて高値で転売する行為」など、企業の利益を不当に侵害する転売は迷惑行為として認識されます。資格を持たない個人が横流しする目的で購入したことが明らかになった場合、罰則が科される対象になります。

つまり転売自体が違法なわけではありませんが、販売の範囲や頻度、方法によっては「転売を手段とする不当行為」と判断され、刑事罰を受けることがあると理解しておくべきです。

アムウェイ製品転売は退会処分の対象として明確に規定されている

アムウェイ製品転売は退会処分の対象として明確に規定されている

アムウェイは「自社の製品は転売禁止」とはっきり条件を設けています。製造販売側が条件を提示しているにもかかわらず、目的を偽って製品を購入しその後転売するようなケースは、販売者をだました行為として詐欺罪などに問われる可能性があります(刑法第246条1項)。

たとえ法的な罪に問われなくても、アムウェイが転売だと認定した場合は、強行的に退会処分にできることがカスタマー規約にはっきりと記載されています。

参照:https://www.amwaylive.com/h_img/pdf/business/shoppingclub_menber_20191011.pdf

アムウェイが目指す本来の流通とは、友人や知人に対して丁寧に製品の魅力を紹介する形です。フリマアプリなどを使用して不特定多数に向けた出品は、「不正流通」と見なされ、アムウェイの倫理規程に反する行為とされています。

参照:【ルール・その他】ネットオークション等のオンラインショップでアムウェイ製品が売られているのは何故ですか?​​ – Japan

転売行為そのものは刑事罰の対象外であっても、アムウェイは自社のビジネスモデルを守るため、不正な流通を厳しく取り締まる姿勢を示しています。具体的には、ABO(アムウェイビジネスオーナー)の強制退会やボーナスの剥奪、損害賠償請求などの厳しい処分を行うことを明確に宣言しています。

アムウェイ製品転売者の退会処分例に見る改革への本気の取り組み

アムウェイ製品転売者の退会処分例に見る改革への本気の取り組み

近年アムウェイではABOの逮捕や行政処分が相次いだことを受け、不正行為に対する処分を厳格化させている動きが見られます。これはアムウェイが真剣に改革に取り組んでいる兆候とも言え、今後は転売監視が一段と強化されるでしょう。

実際、2023年末にはクラウンアンバサダーのABO数名が、不正流通の斡旋を理由に強制退会させられました。日本アムウェイの約75万人の会員の中で、クラウンアンバサダー以上のタイトルを維持できているのは25人ほど。年収は1億円を超え、彼らを中心としたグループの売上げがアムウェイの中でも相当な割合を占めていると考えられます。それでもアムウェイは「たとえクラウンアンバサダーでも不正流通は許されない」という姿勢を明確に示しています。

この背景にはアムウェイが、ABOのコンプライアンスを遵守しない姿勢が危機的だと認めたことにあります。新しく日本アムウェイの社長に就任したリーナ・メンシコヴァ氏は、企業として生き残るために根本的な改革を行うことを選択しました。

リーナ氏は「ABOの成長とは売上を伸ばすことではなく、より良い生活を手にする人を増やすこと」と語り、スポンサー活動に資格を導入し、ABO登録トレーニングを実施。「アムウェイは悪徳」という印象を払拭するための数々の取り組みを掲げました。倫理規定の厳格な運用も徹底され、今後は転売も厳しく処分されることが予想されます。

アムウェイが製品の転売を厳しく規制する2つの理由

アムウェイが不正転売を取り締まる理由には、「正規販売ルートの妨げになる」ことだけでなく「製品の品質を担保する」目的があります。通常の価格より安く転売されることで、真面目に活動するABOのビジネスモルが崩れることはもちろんですが、何よりも「消費者の安全性が確保されていない製品が市場に出回る」ことを、アムウェイは徹底して防ぎたいと考えています。

現在、フリマアプリなどで出品されているアムウェイ製品の中には、使用済みの化粧品や開封済みのサプリメントも一部見受けられます。アムウェイ製品を信じて愛用してくれる消費者を守るためにも、不正転売の監視を強化しているのです。

アムウェイ製品の転売がバレる追跡の仕組みを解説

アムウェイでは、不正転売を行うABOの特定に「シリアルナンバー」や「ロット番号」を使用しています。これらの識別番号から「いつ誰が購入したものか」を追跡できます。

参照:【アムウェイ クィーン クックウェア.】鍋に刻印されている数字は何ですか。何の為でしょうか。 – Japan

これらの識別番号はもともと、製品管理や盗品の特定に使用される目的で作られましたが、最近では不正な製品の出回りが増えているため、フリマアプリなどで転売を行う悪質なABOの特定にも使われています。アムウェイは定期的に各プラットフォームを巡回し不正な出品を監視。もし悪質な転売が確認されれば、識別番号から流出元の販売者を特定しています。

規制される「転売」と規制の対象外である「買取り」の違いを知ろう

フリマアプリなどでの転売規制が厳しくなっている一方で、買取専門店による買取りが「安心感ある在庫管理手段」だと注目を集めています。ここではこれら2つのアプローチの違いに焦点を当て、規制の対象である「転売」と対象外である「買取り」の本質的な違いについて詳しく解説していきます。

メルカリなどのフリマアプリ転売は粗悪品流出のリスクが高い

アムウェイがフリマアプリ上での転売を監視強化している理由は、フリマアプリの個人売買では製品の品質が担保されないためです。アムウェイは企業としての競合優位性を、品質の高さと位置づけています。妥協のない製品クオリティーそのものがブランドバリューであり、それを損なうことは企業全体の信頼を揺るがしかねません。

メルカリやラクマ、PayPayフリマ、ヤフオク!、ジモティーなどのフリマアプリサービスはあくまで「取引の場を提供する」立場であり、取引される製品の状態を管理する立場にはありません。保存状態や開封の有無などの品質管理は、あくまで出品者個人が行うものであり、アムウェイが規定する製品品質が損なわれている可能性が問題視されています。

こうした背景から、フリマアプリ転売に関する監視体制はアムウェイ製品が持つ価値を守り、ひいては消費者を守ることにつながります。企業としての信頼を維持するため、フリマアプリ転売の規制が重要な施策になっているのです。

買取専門店の流通は品質が担保されている信頼ある市場

一方で、買取専門店が中心となる製品の流通は、フリマアプリで見られる横流し転売とは根本的に異なります。専門店の買取は信頼が基本となる二次流通市場の取引であり、プロの目によって確実に品質が保証されているもの。フリマアプリなどの個人間売買とは異なり、買取専門店の流通は一貫して高品質な製品を提供するプロセスを持ちます

買取専門店は安全かつリーズナブルな価格での二次流通を促進し、「型落ち品でも十分」「まずは一度試してみたい」など多様なニーズを持つ幅広い層に対応しています。アムウェイ側も、ブランドバリューを維持しながら新たなニーズの発掘に寄与する買取専門店を、積極的な規制の対象に設定していません。

買取専門店が生み出している二次流通市場は、アムウェイにとっても消費者にとっても価値を提供するものであり、プロの目が介入している信頼性ある流通ルートだと評価されているのです。

買取専門店も見極めが大事!ファイングッズの信頼と実績を紹介

一口に「買取専門店がおすすめ!」と言っても、実際は店舗ごとに実情が異なるので慎重な判断が必要です。たとえアムウェイ買取専門店と謳っていても、アムウェイビジネスに関する知識が不足している新しい業者や、実績が未熟な業者も存在します。運営年数を強調している場合でも、それがアムウェイ製品を取り扱ってきた実績なのかを確かめることが大切です。

当店ファイングッズは、創業から21年の歴史を誇り、当初からアムウェイ製品の買取に特化した専門店として確かな実績を積み重ねています。

  • 安心できる買取専門店No.1を獲得
  • 徹底したセキュリティ対策を導入
  • 他社にはまねできない独自の販売ルート
  • 大型店舗による徹底した在庫管理路

2022年、リサーチ調査会社が行ったサイトイメージ調査で、ファイングッズは「売却後も安心できる買取専門店No.1」「リピートしたい買取専門店No.1」「情報セキュリティが信頼できる買取専門店No.1」という三冠を手に入れました。

特に当店の強みである徹底的なセキュリティ対策は、お客様のプライバシーを保護するために24時間監視システムの導入・全従業員への秘密保持契約・書類の厳格な金庫保管・SSLによるデータ暗号化などを含む緊張感を持った万全の対策を講じています。安心してアムウェイ製品の買取を依頼できる環境を整え、96%という驚異的な高い顧客満足度で多くのお客様に信頼されています。


ファイングッズは通常のアムウェイ買取店とは異なり、特別な資格がないと出品できない通販サイトや自社サイト、海外などの独自の販路を有しています。この多様なルートから最適な売却先を選ぶことで、他社にはない高価買取が可能です。また定期購入者への直接販売という安定した販路も用意しているため、買取額が安定すると同時に購入者への安心感も提供しています。

在庫管理においても、目先の在庫回転率が重視される一般的な買取店とは異なり、ファイングッズは大型店舗と二つの倉庫を稼働させ広いスペースに在庫を保管。これにより、販売相場の変動に左右されず、適切なタイミングで販売できます。つまり相場が上がる見込みのある製品に対して一番得する買取価格を提供することが可能であり、これは大型店舗を持つファイングッズならではの特長です。

ファイングッズは安心して買取を依頼できる環境を整えています。アムウェイ製品の買取りで信頼と実績を求めている方は、ファイングッズが確かな選択肢となるでしょう。

アムウェイ買取なら減額・個数制限なしのAmway買取専門店ファイングッズ

アムウェイ製品転売のリスクを理解して在庫管理に活かそう

この記事では、アムウェイ製品の転売で懸念されるリスクや処分の実態、転売と買取りの違いなどを詳しく解説してきました。

アムウェイ製品の在庫処分に対する正確な理解は、ビジネスの基盤を築く足がかりとしてとても重要です。この記事で紹介したフリマアプリ転売の危うさや、買取専門店の信頼性を教養として身につけていただき、スムーズな在庫管理に活かしていただければ幸いです。

ぜひこの記事を参考にしていただき、会員間の不要なトラブルや、無理な買い込みを無くす第一歩を踏み出してみましょう。

【タイトル達成をお考えの方へ】予約買取システム

まずは買取額だけでも知りたい方は匿名査定をご利用ください。
最短数分で金額がわかります。↓↓↓

関連カテゴリー

匿名でOK!無料で買取価格の査定承ります。最短数分で回答!!
アムウェイ買取について

関連するコラム

お気軽にお問い合わせください

0120-088-092

電話受付:10:00~18:00(水曜除く)

宅配買取 店頭買取
0120-088-092

電話受付 10:00~18:00(水曜除く)

電話一本見積OK 匿名でもOK 秘密厳守 相談だけでもOK オペレーターは全員ベテランメンバーが対応します
電話査定 メール査定 LINE査定
© 2023 FINE GOODS.